HP制作・WEBデザイン、システム・アプリの開発から、SEO対策、アクセス解析、サイト分析、リスティング広告などのWEBマーケティングまで。
WEBのすべてのソリューションを提供します。

Facebookアイコン メールアイコン メニューボタン 閉じるボタン
メインビジュアル メインビジュアル

Blog

ブログ

webマーケティング担当者必見!5分でわかる!コンテンツマーケティングの全体像とは!?

取り入れないと時代に取り残される?たった5分で理解できる!
近年多くの企業が急速に取り入れている話題のコンテンツマーケティング。

◆現在のWEBマーケティングの世界では、「コンテンツ・イズ・キング」と叫ばれている。

今やWEBマーケティングで結果を出す秘訣は、良質なコンテンツにあると言っていい。具体的な説明は後ほどにして、なぜコンテンツマーケティングが注目を集めているか説明しよう。

◆コンテンツマーケティングで成果が出るようになった背景

インターネットの普及により、顧客自らが情報を取りに行き、選択している。
そのため、情報を発信する側は良質なコンテンツを配信すれば、大きな広告を出さなくても効果的に顧客にアプローチができ、コスト削減が可能となった。

要するに、プッシュ型のマーケティングからプル型のマーケティングへ移行し、
以前は膨大な時間とリソースを必要としていたコンテンツマーケティングが、現在では短期間で大きな成果を出せるようになったということだ。
※プッシュとプルの違い
プッシュ型:TVCMやダイレクトメールなど無差別に情報を発信すること(アウトバウンドマーケティング)
プル型:ブログなどで顧客が必要なときに情報を見つけてもらう方法(インバウンドマーケティング)

では、コンテンツマーケティングを具体的に理解していこう。

◆コンテンツマーケティングは、次のように定義されている。

お客様にとって価値ある情報(ブログ、動画、オンラインセミナー、PDF形式の小冊子、ホワイトペーパーなど)を配信し、潜在顧客から認知、購入に至るまでの組み立てを行い、友好な関係を築き続けること。

定義だけでは内容が掴みづらいだろう。
深く理解するために、購買プロセスの変化と合わせてみていく。

 

◆プル型のマーケティングに移行したことにより、認知から購入までのプロセスが変わった。

あなたも商品・サービスの情報をネットで検索し比較サイトや口コミサイトで比較しながら買っていないだろうか。

もしここで‘はい‘とお答えになったならば、
ただ情報を発信するのではなくターゲットの求めている情報を届けることが重要な時代に移り変わったということになる。

 

◆時代に合ったコンテンツマーケティングを用いる利点は何なのだろうか。

コンテンツマーケティングはサイトを訪れたユーザのメールアドレスを取得し、商品を購入してもらう過程で、「顧客が必要なタイミングで必要な情報(コンテンツ)を提供する」ことで自然にリピートしてくれる優良な顧客に育成する手法だ。だからこそ、コンテンツマーケティングを続ければ、多くのデータが集まり、よりターゲットに寄り添った提案が可能になる。

最適なタイミングで良質なコンテンツを提供することで、スムーズに商品やサービスの販売に結びつき、利益が向上するのだ。

まとめ

コンテンツマーケティングとは顧客の購入プロセスの変更に伴った有効なマーケティング手法である。なぜなら、お客様にとって価値のあるコンテンツを提供し続けることで、興味・関心を惹き、共感してもらい、それが結果として売上げに繋がる仕組みだからである。
一言で表すと、お客様から共感を得るマーケティングなのだ。