HP制作・WEBデザイン、システム・アプリの開発から、SEO対策、アクセス解析、サイト分析、リスティング広告などのWEBマーケティングまで。
WEBのすべてのソリューションを提供します。

Facebookアイコン メールアイコン メニューボタン 閉じるボタン
メインビジュアル メインビジュアル

Blog

ブログ

コンテンツマーケティング成功の秘訣! 興味の段階を理解し、潜在見込み客の情報を獲得するには。

認知から興味のステップを上るには、どんなことを伝えるべきか。

これを知って、潜在見込み客に興味を持ってもらおう。

◆認知から興味へステップアップしよう

ここでは、あなたが潜在的見込み客に、提供する商品やサービスが、どのような効果や結果をもたらすかを知ってもらい、顕在的見込み客になってもらうことが目的となる。

メリットが伝わり、興味の段階に移ったユーザーは、潜在的見込み客から顕在見込み客になったと言える。

興味をもってもらう段階で肝心なことが、

お客様が、「ブログを読んでいたら継続的に有益な情報を得られる」と確信し、私たちと関わるメリットを感じてもらうことだ。

ただ、注意してもらいたいことが、

認知してもらおうと焦って、何でもかんでも情報を提供するのは良くない。

なぜなら、「興味」の段階以降に届けるべきコンテンツを提供してしまうと、それがどれだけ良質なものであっても、潜在的見込客の心は離れていってしまうからだ。

そのため、認知、興味それぞれの段階で、どのくらい詳しい内容で発信していくか戦略を練る必要がある。

では、認知獲得の仕組みをご説明しよう。

◆興味獲得の具体的な方法

この段階では、ブログ記事以上に内容が濃く、無料でダウンロードできるコンテンツを用意してメールアドレスを獲得する。

入手した時点から、潜在的見込客は顕在見込客となり、興味を抱いている証となる。

ここから先は、ブログにアクセスする潜在的見込客にメールアドレスを登録してもらうために、

「リスト取得ランディングページ」、「無料プレゼント」、「メルマガ配信機能」を用意する。

それぞれの役割としては、

・無料ダウンロードコンテンツ:リスト取得のために必要。

・リスト取得LP:無料のコンテンツをダウンロードしてもらう為にメールアドレスを登録してもらうページ。

・メルマガ:商品やサービスが提供できるベネフィットを伝えて、より興味を持ってもらうためのメルマガ。

メールアドレス取得の為のコンテンツを用意したら、ブログ記事の直下にCTAを設置して、ブログからリスト取得ランディングページへ誘導する導線を設ける。

◆興味を持ってもらった後のこと

メールアドレスを取得したら顧客の状態に合わせて継続的にメールを送るとよい。その時は、

開封率、リンククリック率をチェックしながら、顧客の状態を細分化してより効果的にアプローチを行おう。

各段階で送る内容としては、

ブログより詳しい内容のメルマガ

限定情報の公開

セミナーの情報、など。

これらを掲載し、次の段階へ促そう。

メルマガのタイトルを工夫し届いた瞬間メリットが伝わり、つい読みたくなってしまうように工夫すると、開封率は格段に上がる。

◆まとめ

とにかく、お客様がベネフィットを感じるコンテンツ作成が重要になってくる。ブログで有益な情報を提供し、もっと知りたい欲求を湧かせることが、メールアドレス登録につながり、メルマガをベストなタイミングで提供することで、信頼関係を育んでいける。