HP制作・WEBデザイン、システム・アプリの開発から、SEO対策、アクセス解析、サイト分析、リスティング広告などのWEBマーケティングまで。
WEBのすべてのソリューションを提供します。

Facebookアイコン メールアイコン メニューボタン 閉じるボタン
メインビジュアル メインビジュアル

Blog

ブログ

忙しくても10分でわかるペルソナ作成の基本

あなたはターゲットをしっかり設定しイメージでき社内で共有できいるだろうか?
10分でわかるコンテンツマーケティングに必要不可欠なペルソナ設定!

ペルソナの作成はコンテンツマーケティングを行う上で方法性を示すものなのでとても重要だ
作成の方法理解してやっていこう

それでは早速、ペルソナの設定を見ていこう

ペルソナの作成手順

1.デモグラフィックの設定
2.ペルソナの作成

デモグラフィックの設定

まずは検索してくる人がどのような人か明確にしよう。

デモグラフィックとは
ターゲットとしている人物の年齢、性別、世帯規模、所得、職業、学歴などの具体的な属性情報を具体的に示します。

早速設定してみよう。
性別 男性
年齢 33
職種 webマーケティング
所得 500万円
世帯規模 一人暮らし
居住地  都内近郊

デモグラフィックで設定した人物が、具体的に何で困っていて、どのような解決策を求めて、今まさに、
そのキーワードで検索して、あなたのサイトに訪れているのかを具体化する。このステップをペルソナの作成と言うのだ。

ペルソナを設定するときの注意点
ペルソナを設定するときの前提として、
•自社にとって都合がいいだけの理想の顧客像を描かない
自分にとって都合いいだけの顧客は存在する可能性は極めて低い。さらに、そのような顧客が現れないことにより結果が得られずモチベーションを下げかねない。

•実在する人物かのようなリアリティのある人物像を描く
抽象的だと担当者の間で認識のズレが生じやすコンテンツの質がバラバラになり効果的アプローチができなくなるためだ。

この2点に注意しよう

ペルソナの作成

ではデモグラフィックに基づいてこのコンテンツを書いてるペルソナについて書いてみよう。

俺は他部所から移動してきてコンテンツマーケティングをやることになった。
コンテンツマーケティングについて知識が浅く、これから勉強しなければならない。
知識が浅いからといって甘いことは言ってられない。俺は上司に同僚とよく比べられるので、同僚にも負けられない。早く覚えて戦力にならなければと焦っている。

隙間時間で自分でコンテンツマーケティングを勉強しようと専門書を手にするがすると英語、専門用語が多く出てきて理解に苦しんでる。さらに、勤務後は飲み会に誘われることが多いのでゆっくり勉強している暇がない
そんな中にもわかりやすく説明していて通勤時間など空いた時間で勉強できるサイトは無いかなと探している。

このようにペルソナを作れば、そのキーワードで検索する人が満足するには、
どのようなコンテンツを提供すれば良いかが明確になってくる。

どうだろうか
このペルソナはあなたにそっくりではないですか!?
ペルソナを設定するとペルソナをに向けてコンテンツを配信できるのでペルソナに合う人は自然と引き込まれてくる。

補足:ペルソナは定期的に見直しをしよう
ペルソナは一度設定して終わりではない。時間が経てばユーザーの動向も変化し、サービスが変化すると同時にターゲットが若干変わっている可能性もあるからだ。
半年に一回程度を目安に、本当に実態に沿ったペルソナになっているかチェックするのがベストだ。

まとめ

ペルソナの設定は、デモグラフィックを元にどのような人物なのか、ターゲットとなる人物像のイメージが目に浮かぶように作成する。そして、社内の人みんなと認識が合うようにするのがポイントだ。