HP制作・WEBデザイン、システム・アプリの開発から、SEO対策、アクセス解析、サイト分析、リスティング広告などのWEBマーケティングまで。
WEBのすべてのソリューションを提供します。

Facebookアイコン メールアイコン メニューボタン 閉じるボタン
メインビジュアル メインビジュアル

Blog

ブログ

読まれる記事の書き方!7つのポイント

内容の濃い記事を書いたとしても、伝わらなければ意味がない。
文書作成後に、この7つのチェックポイントを確認しよう。

◆記事作成のポイント

記事は読みやすく、内容が伝わることが重要だ。難しいことを書いて、読みづらい文章では、最後まで目を通してもらえない。

記事を構成しているのが、文章だ。そこで、文節や文でのポイントをチェックし、記事の精度をあげよう。

◆記事を作成し見返す時のポイント

1.テーマが2つ入っていないか
一つの記事に、いろいろなテーマがあると、その記事で何が重要なのか、何を伝えたいのかわかりづらくなる。1記事1テーマが原則である。

2.一段落に端から端まで行っている文が4行ほどある
余白が少ないと第一印象で「文量が多くて読むの大変だな。」と感じてしまう。
そうなると、読む前に離脱してしまう。なので、第一印象で読みやすい印象を与えるために、余白を意識しよう。

3.同じ言葉を2つ使っていないか
同じ意味のフレーズ、文章を繰り返していると読みづらくなる。
同じフレーズでも、それが指している内容が違うと誤解を招きやすくなるので注意が必要だ

4.同じ語尾を続けない
同じ語尾を続けると、単調な印象を与えてしまい、文章にリズム感が出ない。

5.主語と述語は近くに置く
主語と述語の間に、修飾語が入ると、文章が長くなり読みづらくなる。なるべく、主語と述語は近くに置き、文章の歯切れを良くしよう。

6.接続詞が続いていないか
内容が二転三転してしまう文章は、複雑になり理解するのが難しくなる。
複雑な文章化をチェックする目安となるのが、接続詞の数である。用いずにシンプルにできないか確認しよう。

7.意味が幅広い言葉を使いすぎて伝えたいことが曖昧になっていないか
例えばこのように書いてあるとする。

「中小企業に対して最適なコンテンツを使用する。」

ここで疑問が生じる。

’中小企業‘というのはだいたいイメージできるがどんな企業なのか
’最適なコンテンツ’は何を指しているのかわからない。

ソーシャルメディア、それとも、ebookなのか

自分は分かっていても、知らない人が読むと理解できない。曖昧な言葉を使うとそれだけ伝えたい内容も曖昧になってしまう。

◆まとめ

文章のクオリティーを上げるためには、WEBライティングのテクニックを磨くよりも、基本を丁寧に見直すことが大切だ。

文書は短くシンプルで、伝わるように書こう。
もう一度、自分が書いた記事を確認してみてはどうだろうか。