HP制作・WEBデザイン、システム・アプリの開発から、SEO対策、アクセス解析、サイト分析、リスティング広告などのWEBマーケティングまで。
WEBのすべてのソリューションを提供します。

Facebookアイコン メールアイコン メニューボタン 閉じるボタン
メインビジュアル メインビジュアル

Blog

ブログ

購入がゴールではないコンテンツマーケティング

顧客の獲得だけではなく、既存の顧客を大切にして応援してもらおう

◆応援の段階

コンテンツマーケティングのゴールは購入ではなく、応援してもらうこと。つまり、ファンになってもらうかが重要だ。

新規顧客だけを取るのは、売り上げをつくるのに即効性があるかもしれないが、コストが多くかかる。購入後のフォローをしっかり行うことで、継続的な購入へ導き利益率のアップに繋げよう。

◆コンテンツマーケティングの醍醐味

「1:5の法則」について、耳にしたことがあるだろうか。新規の顧客を獲得するのには既存の顧客の5倍コストがかかるという法則だ。

当たり前だが、会社としてはいかにコストを下げて売上を上げるかが重要だ。
顧客との関係がよくなればなるほど、販売にかかるコストが下がり、売上が増加する。他社が低価格で商品を出してきたとしても乗り換えられる可能性も下がる。

この醍醐味を体感してもらうためにも、顧客から応援者になってもらう方法をお伝えする。

◆顧客との関係構築

顧客と良好な関係を築くためには、あなたが提供する製品やサービス、あなたの会社に対する信頼や共感を得ることが必要だ。

ファンになってもらうには商品・サービス単体の魅力ではなく、会社としての魅力も伝えよう。

例えば、

・商品・サービスのこだわり
・働いているスタッフの声
・お客様とのストーリー

といった会社に対して共感を持てるコンテンツを配信しよう。

◆SNSで関係を深める。

顧客が企業や商品に対する愛着や信頼を深めるために、ソーシャルメディアで顧客の声に耳を傾け、会話をしよう。顧客との良好な関係を築くと、Facebookやtwitterで商品・サービスの良い情報を広めてくれる。

商品・サービスさらには会社への口コミの連鎖が、購入に大きく繋がる。

ソーシャルメデイアで友好的な関係を築くためにも、
顧客がtwitterで商品・サービスを購入してツイートしてくれたなら、「購入ありがとうございます。」とコメントを送るだけでも顧客の反応は大きく変わる。

◆まとめ

いかに会社や商品のファンになってもらえるかが重要だ。
会社や商品への信頼、愛着を持ってもらうことで、継続的に商品・サービスを購入してもらえるようになる。

顧客に耳を傾け真摯に向き合うことが、愛着や信頼という形でお返しされる。